Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

06月≪ 07月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村 光 「荒川アンダーザブリッジ」

抜群です   ★★★★

"---------------------------
荒川アンダーザブリッジ 7 (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダーザブリッジ 7 (ヤングガンガンコミックス)
(2008/04/25)
中村 光

商品詳細を見る
"---------------------------------------------


「聖☆おにいさん」で、すっかり中村光さんのファンになってしまった私。
勢いづいて次「荒川アンダーザブリッジ」揃えました。


ここでちょいと立ち読みができます。 ↓
【荒川アンダーザブリッジ】


おもしろい
おもしろすぎる。

河童の村長も 
元衛兵の超かっこいいシスター♂も
星も 
最高だ

最高すぎる。 

何なんだ この変なキャラ達は。 

しかしまぁ
世の中には私の知らないおもしろいものが いくらでもあるんだなぁー 
スポンサーサイト

中村 光「聖☆おにいさん」

何回読んでもおもしろい   ★★★★

"---------------------------
聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)
(2008/01/23)
中村 光

商品詳細を見る
"---------------------------------------------



おもしろいなぁー
本当におもしろいなぁこのマンガ  あっはははは。

私がいつも本選びの参考にさせていただいているブログ 「活字中毒日記」 聖☆おにいさんで紹介されていて
思わず即効amazonで注文しちゃった 聖☆おにいさん もう最高です。

バカンスでやってきたのは日本の
'立川'。

立川 ってのがいいよなぁ。

あっははは""""

シュールだなぁ。



本日2巻が発売されたとのこと。

聖☆おにいさん 2 (2) (モーニングKC)聖☆おにいさん 2 (2) (モーニングKC)
(2008/07/23)
中村 光

商品詳細を見る


もちろん早速注文しましたとさ。
jumee

上野 千鶴子「おひとりさまの老後」

´дパワフルだなー   ★★☆☆

"------- あらすじ 出版社より --------------------

おひとりさまの老後おひとりさまの老後
(2007/07)
上野 千鶴子

商品詳細を見る
"---------------------------------------------



元気だなぁ上野先生。´д

人はいつか必ず死ぬわけで、そのことについて恐怖を感じたことはないけれど、
上野先生のように、こうも真正面からしっかり向き合って考えたことはなかったからなぁ。

老いた自分というものを鏡の中に写されて 
”ほら、しっかりと見なさい” って上野先生に言われた気分でございます。

長生きしたいわけじゃないけれど、
長生きしちゃうかもしれないしなぁ。




わかりましたよ先生。


”一人”と”孤独”は違うんですね。

どうせ人は一人で生まれてきて一人で死んでいくんだもの

百年の孤独もいいのぉ~とか言って、
余裕で笑い飛ばすようなお婆ちゃんになれるようがんばります。 jumee

伊坂 幸太郎「ゴールデンスランバー」

半端じゃないおもしろさ  ★★★★

"------- あらすじ 出版社より --------------------
俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか? 二年ぶり千枚の書き下ろし大作。

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
"---------------------------------------------



さすが  2008年本屋大賞  大賞受賞作品。 
素晴らしい。

こんなに集中して、
寝る間を惜しんで読みふけったのも久し振りかもしれないなぁ。

私の物差しで比べると、
大好きな垣根 涼介「ワイルド・ソウル」 と並ぶおもしろさってとこかなぁ。
浦沢 直樹 「20世紀少年」 の惜しいところを取ったって感じもする。


伊坂さんの描く人物の、見た目いい男風でいながら
どこかとぼけたようなボーっとしてそうで、性根の優しそう人  いいなぁ。
優男、金と力はなかりけり風 とも言えるけど。

首相暗殺の濡れ衣なんていう重たいテーマをそれほど暗く感じさせないところもいいし、
かといって軽すぎないところもいい塩梅。

構成が上手いっていうか 伏線のはりかたなんて完璧なんじゃなかろうか。

まあ若干リアリティに欠けるような気もするけれど、
綱渡り的なあやふやさがまたイイというか、
そのあたりの曖昧さが、逆にこの人の小説の魅力を引き出しているようで たいして気にならない。

そもそも
この人の小説の根底には、人に対する優しさが漂ってたりするのがするのがいいなぁ。



とにかく jumee
これはもう
今年のNo1 早くも決定でしょう。


・・・

操作された情報
それに振り回される人と、疑問をもてる人。


あなたはどっちだ。

私は・・・・・・・ どっちだ  鐔睡


伊坂 幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」

Vista

ノートパソコンを買いました。
いよいよWindows Vistaになりました。

office 2007のexcel とwordが入っているので早速開いてみたら、あれまあビックリ。
こんなに変わるのってアリなんでしょうか。

変わりすぎでしょう これ。
罫線どうやって引くのさ・・・sc06 罫線ごときでつまづくほどの変えっぷりってどうなのよ。

使い慣れているPhotoshopとIllustratorを入れてみて またビックリ。
文字が書けない・・・・。
あーだこーだと色々試してみたら、
どうもMSフォントが使えないようだ・・・・。
まだ他のフォントは使えるからよかったけれど、なんなんでしょ これ。

なんだよぉーーーー。
進化するのはいいけどさぁー 色んなものをおいてかないでよぉーーー

「いじわるな遺伝子」

遺伝子は手ごわい ★★★☆

"------- あらすじ 出版社より --------------------
やせたいのに、つい甘いものに手が出てしまう。貯金するつもりでいたのに、気がつくと給料を全部使い切っている。浮気ぐせがなおらない。禁酒禁煙もジョギングも続いたためしがない。これらはすべて遺伝子の生き残り戦略だ。私たちの心とからだを操る遺伝子の働きと、それを手なずける方法を教えてくれるのは、アメリカで注目されている新進気鋭の経済学者と生物学者の名コンビ。しっかりとした科学的な裏づけで、私たちの日常生活を例にとり、本能的な行動に明確な意味づけをしてくれる。意志の弱さを嘆く前に、その仕組みのウラをかいて「いじわるな遺伝子」を見返してやろう。
いじわるな遺伝子―SEX、お金、食べ物の誘惑に勝てないわけいじわるな遺伝子―SEX、お金、食べ物の誘惑に勝てないわけ
(2002/01)
テリー バーナムジェイ フェラン

商品詳細を見る
"---------------------------------------------


勝間 和代「効率が10倍アップする新・知的生産術」 でおすすめされていた本を読むぞ! 週間その4 jumee☆biceps1

おもしろかったです。
といっても遺伝子のことを書いた本なんて、はじめて読んだので他とは比べようもないんですが;;。

人は遺伝子の欲求に答えると、幸福感が感じれるようにできているんだそうで、
随分と遺伝子に都合よくできているものらしい。

しかも3千年前の人類と今の私達の遺伝子はあまり変わってないんだそうで。

当時はなかったお金という概念が、今だに遺伝子はうまく理解できていないから貯蓄というのが下手なんだそうですね。
確率の計算も苦手なんだそうですよ。

確率の計算が苦手だから宝くじを買ってしまい、
腐るはずのないお金を 消費しないと腐ると認識してしまって散財してしまう。
年中困らない食べ物も、腐らせたり飢えたりしては大変とせっせと体に溜め込んでしまう。

遺伝子はとっても時代遅れらしい。


そして、人は幸福にはすぐに慣れてしまうらしい。
都合のいいことに不幸にも慣れてしまうらしい。

不幸だと思われる環境の中でもいつしか人は乗り越え、強く生きていける理由がそんなところにもあるんですねぇ そこについては素晴らしい。



そして私が
この本から学んだことはこんなこと。

明日の自分に期待してはいけない。
自分で思っている以上に 自分は変われないものだ。 (確かに・・・)

弱い自分を自覚し、
弱いままの明日の自分の為に、
明日じゃなくて今からやること。

欲望に負けそうになる時のために 冷静な時に予防線をはっておくこと。
たとえば なるべくお腹が空いていない時に低カロリーなおやつを買っておくなどなど。

今更ながらこういう本は勉強になりますねぇ。
いい本を教えてくださってありがとうございます勝間さん

スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー「ヤバイ経済学」


経済学ってこんなにおもしろいんだっけ  ★★★☆

"------- あらすじ 出版社より --------------------
『週刊ダイヤモンド』2006年ベスト経済書第1位の書、
待望の増補改訂版。
ヤバい経済学 [増補改訂版]ヤバい経済学 [増補改訂版]
(2007/04/27)
スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー

商品詳細を見る
"---------------------------------------------


勝間 和代「効率が10倍アップする新・知的生産術」 でおすすめされていた本を読むぞ! 週間その3 jumee☆biceps1

いってみました経済学。

学生の頃に授業で聞いた経済学はこんなにおもしろく感じれなかったんですけどね。
経済学ってこんなにおもしろかったんだっけ。 ソ猝ヨ


   銃とプール、危ないのはどっち?
   相撲の力士は八百長なんてしない?
   学校の先生はインチキなんてしない?
   ヤクの売人がママと住んでいるのはなぜ?
   云々・・・




突っ込みどころがおよそ経済とは関係なさそうな興味深い話だと、こんなにおもしろいものなんですなぁ。


   八百長報道のすぐ後に開かれた本場所では、7勝7敗で千秋楽を迎えた力士の、
   8勝6敗の力士に対する勝率はいつもの80%ではなくただの50%だ。



相撲は見ないから よくわからないけど、
八百長を暴露した関係者2名が謎の死っても怖い話だし
こうも数字で書かれちゃうとなぁ、へえ・・・・。

犯罪と中絶合法化の話も興味深いものがありましたね。

かっぱ

なるほどねーーー。
へえーーー。
ほぉーーー。

と感心しきりのブランなのでした。

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。