Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

03月≪ 04月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥田 英朗 「イン・ザ・プール」 

おもしろいなぁ ★★★★

"------- あらすじ 出版社より --------------------
「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、治療する医者のほうがもっと変。こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。
イン・ザ・プール (文春文庫)イン・ザ・プール (文春文庫)
(2006/03/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る
"---------------------------------------------

いままで読んできた奥田 英朗は、「ガール」「サウス・バウンド」「真夜中のマーチ」 の3冊。

4冊目を読んで自分勝手に納得したんですけど、
この人の書く短編集なら私は好きかもだ。 ひよこ

今回読んだ「イン・ザ・プール」も、
伊良部総合病院地下にある神経科を舞台にしている短編集だし。
唯一のお気に入り「ガール」も短編集だった。

この人が書く個性的すぎる登場人物も
短編集だとインパクトが強く楽しめるもんなんですね。

よし jumee☆peace1
今後、奥田英朗は短編集狙いでいこうっと。 sc06
 

コメント

コメントの投稿


管理人にだけ読んでもらう

トラックバックURL

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。