Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーン・アウル「マンモス・ハンター」

青い目の王子様はどこまでエイラを愛せるのか ★★☆☆

"------- あらすじ 出版社より --------------------
ジョンダラーと洞窟で暮らしていたエイラは、ある日、同種族の狩りの一団と出会う。軽快に馬を操るエイラに彼らは驚き、二人は簇に招かれる。不安と期待を募らせながら、エイラは荷造りをする。
マンモス・ハンター (上) (エイラ-地上の旅人 (5))マンモス・ハンター (上) (エイラ-地上の旅人 (5))
(2005/02)
ジーン・アウル白石 朗

商品詳細を見る
マンモス・ハンター (中) (エイラ-地上の旅人 (6))マンモス・ハンター (中) (エイラ-地上の旅人 (6))
(2005/03)
ジーン・アウル白石 朗

商品詳細を見る
マンモス・ハンター〈下〉 (エイラ―地上の旅人)マンモス・ハンター〈下〉 (エイラ―地上の旅人)
(2005/04)
ジーン・M. アウル

商品詳細を見る
"---------------------------------------------


てっきり児童書だと思って読んでいたんですけれど、

野生馬の谷(下)くらいから、思い切りラブシーンが濃厚になってきましてねぇ・・・。

なんちゅーか、
こんな風に懇切丁寧に真面目に延々とラブシーンを書かれると、
どう受け取ったらいいっていうかなんちゅーか。
うーん、、、ポリポリ、、、 ソ猝ヨ

なんかこう・・ハーレクイーンロマンスみたい?
といってもハーレクイーンロマンスは読んだことがないけど うーん。
まあでもロマンティックな感じはあんまりしないからちょっと違うかなぁ。
まあなんだかわかんないけど。
なんかすごいぞ。 

まあ なにはともあれ

ジョンダラー以外の人と出会いしばらく一緒に暮らすことになるエイラ。

ああーエイラ!そんな事まで言っちゃうと ああしゃべりすぎ

ジョンダラーと一緒にエイラを止めたくなっちゃうほど、相変わらず何事にも引かずに立ち向かってゆくエイラなのでした。


それにしても ここまで読むのも長い道のり。
ちょっと息切れしてきたのでエイラとはしばしのお別れです。 

コメント

コメントの投稿


管理人にだけ読んでもらう

トラックバックURL

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。