Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂 幸太郎「ゴールデンスランバー」

半端じゃないおもしろさ  ★★★★

"------- あらすじ 出版社より --------------------
俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか? 二年ぶり千枚の書き下ろし大作。

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
"---------------------------------------------



さすが  2008年本屋大賞  大賞受賞作品。 
素晴らしい。

こんなに集中して、
寝る間を惜しんで読みふけったのも久し振りかもしれないなぁ。

私の物差しで比べると、
大好きな垣根 涼介「ワイルド・ソウル」 と並ぶおもしろさってとこかなぁ。
浦沢 直樹 「20世紀少年」 の惜しいところを取ったって感じもする。


伊坂さんの描く人物の、見た目いい男風でいながら
どこかとぼけたようなボーっとしてそうで、性根の優しそう人  いいなぁ。
優男、金と力はなかりけり風 とも言えるけど。

首相暗殺の濡れ衣なんていう重たいテーマをそれほど暗く感じさせないところもいいし、
かといって軽すぎないところもいい塩梅。

構成が上手いっていうか 伏線のはりかたなんて完璧なんじゃなかろうか。

まあ若干リアリティに欠けるような気もするけれど、
綱渡り的なあやふやさがまたイイというか、
そのあたりの曖昧さが、逆にこの人の小説の魅力を引き出しているようで たいして気にならない。

そもそも
この人の小説の根底には、人に対する優しさが漂ってたりするのがするのがいいなぁ。



とにかく jumee
これはもう
今年のNo1 早くも決定でしょう。


・・・

操作された情報
それに振り回される人と、疑問をもてる人。


あなたはどっちだ。

私は・・・・・・・ どっちだ  鐔睡


伊坂 幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」

コメント

Re: こんにちは

TBありがとうございます~。
おもしろいですよねー

私もここ最近読んだ本の中で 抜きんでてるおもしろさでした!

こんにちは

TB送らせていただいたので御挨拶です。
いや~、おもしろかったです。
突然犯人にでっち上げられて世界中が敵になったり街中をセキュリティポッドで監視されていたり、結構怖い話だと思うのですが、読後感がさわやかというか、読み終わった後ほっこりした気持ちになれるところがよいですよね。
短いセリフが随所に効いてますよね~。
「たいへんよくできました」…なんかじーんとしました。

コメントの投稿


管理人にだけ読んでもらう

トラックバックURL
ネヅカ文庫です。 いつもお世話になってます{%感謝(チカチカ)hdeco%}

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。