Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

03月≪ 04月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤原 伊織「てのひらの闇」

これはおもしろい! ★★★★

"------- あらすじ 出版社より --------------------
二人の男の道を決定づけたのは、生放送中のスタジオで発せられた、不用意な、しかし致命的な一言だった―。二十年後、その決着をつける時が訪れ、一人は自死を、一人は闘うことを選んだ。著者の新たな到達点を示す傑作。
てのひらの闇てのひらの闇
(1999/10)
藤原 伊織

商品詳細を見る
"---------------------------------------------

藤原 伊織。初めて読んだ作家さんなんですけども これは気に入りました。
今年読んだ本の中では、垣根さんの「ヒートアイランド」と同じくらいおもしろかったなぁ。

主人公の魅力もさることながら、
脇役達がみんないい味だしてますよね。

上司にしても同僚にしても部下にしても
サラリーマンの悲哀だったり、
まじめに生きてきた人間の踏ん張りというか、底の強さみたいなものまでよく書かれていると思う。
人間の魅力っていうのはそういうところだったりするじゃない。
 
がんばれサラリーマン。jumee☆biceps1
そんなことを改めて思ったりしたブランなのでした。

コメント

コメントの投稿


管理人にだけ読んでもらう

トラックバックURL

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。