Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーレド ホッセイニ「カイト・ランナー」

読んでよかった。 ★★★★

"------- あらすじ 出版社より --------------------
12歳の冬、わたしは人を裏切り、嘘をつき、罪を犯した。26年後、「もう一度やり直す道がある」という友人からの電話に、カブールへ旅立つ-。自らを救う道を真に問う、心を揺さぶる救済の物語。
カイト・ランナーカイト・ランナー
(2006/03)
カーレド ホッセイニ

商品詳細を見る
"---------------------------------------------


舞台 アフガニスタン。
そう聞くだけで、心に重苦しいものを感じてしまう・・・。

ということで何となく気が引けていたんですが、
思い切って読んでみて本当によかったです。

タイムマシーンにのって、分岐点となったあの日をやり直すことは出来ない。
あの時 こうしていたら、
自分がもっと強くあったなら・・。
そんな思いはアフガニスタン人だから経験することではないわけで。

やり直す事が出来ないのが辛くて、
自分を責めることしか出来ない時、
それでも生きていかなくちゃいけない後の人生に向けて、ポンと肩を押してくれるような本でした。 

コメント

コメントの投稿


管理人にだけ読んでもらう

トラックバックURL

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。