Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雫井 脩介「ビター・ブラッド」

ふむふむ おもしろい ★★☆☆

"------- あらすじ 出版社より --------------------
警視庁の新米刑事・佐原夏輝。初の現場でコンビを組むことになったベテラン刑事は、 少年時代に別離した実の父親だった――。各界から大きな注目を集める著者による、渾身のミステリー。
ビター・ブラッドビター・ブラッド
(2007/08)
雫井 脩介

商品詳細を見る
---------------------------------------------

はじめて読む雫井 脩介さんです。
沢尻エリカで話題になった「クローズド・ノート」の原作もこの方だそうですね。

ってことで「ビター・ブラッド」ですが、
軽快にサクサク読めておもしろかったです。顔

キャラがそれぞれおもしろいというのもあるけれど、
ミステリーとしても十分楽しめました。

ただ強いて言うならば ちょっと主人公に都合良すぎかなとも思うし、
話としても有り得なさすぎかなぁ?などと、気にならないと言えばうそになるけれど、
そもそもこういう読み物は、
何も考えずにチャッチャと楽しく読めればいいわけで それも有りかもしれません。

次は「犯人に告ぐ」を読んでみようかな。

コメント

コメントの投稿


管理人にだけ読んでもらう

トラックバックURL

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。