Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

04月≪ 05月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたりの桃源郷

ああショック。何がショックってドラマ「しゃばけ」を見逃した・・・。
ああショック。
紀伊国屋書店デイリーベストにしゃばけシリーズがのっているのを見て 何故?ハッ!としたのはついさっき・・。
ああショック。



話かわって昨夜 といっても深夜1時~2時頃こんなドキュメントを見ました。

ふたりの桃源郷 最後まで山で、最後まで夫婦で 制作=山口放送
   『戦後の貧しい時代、故郷の山を切り開き3人の娘を育て上げた田中寅夫さん(93)とフサ子さん(88)。一度は大阪へ出るが、子どもが独立すると夫婦は電気も水道も電話もない山に戻った。「山を下りて同居しよう」そんな娘の説得も聞き入れない。「自分らしく老いたい」「ここが二人の原点だから」と。寅夫さんはガンに肺炎、肺気腫を患い入院。余命わずかと言われても山に向かう。夫婦とは、老いとは、幸せとは何かを問う17年の記録。この夏、寅夫さんは93歳で他界。最期まで山にこだわった人生だった。痴呆が進むフサ子さんは夫の死を受け入れられない。夫を呼ぶ妻の声が、山にこだまする。(番組案内より)』

さーて、そろそろ寝ようかとか言いつつ
夫と二人寝室のコタツに入って 赤貝の缶詰を楊枝でつっつきつっつき
軽く一杯飲みながら 何気に魅入ってしまったこの番組。

緑が美しい山の中に住む老夫婦。

おじいちゃんおばあちゃんが まるで絵本の昔話のように仲良く暮らしていましてね、
その姿がなんとも楽しそうで生き生きとしていてね、
胸がいっぱいになって 酔いもくわわって気がつけば鼻すすってました。sc07

誰しも老いは避けられない。
長生きしないかもしれないけれど、長生きするかもしれない。

もし、自分がようやく杖を使って歩くほどに歳をとった時、はたして毎日を楽しく過ごせるんだろうか。
そんな不安を忘れさせてくれたこの老夫婦の姿でした。

このおじいちゃんおばあちゃんも 最後の頃は山での暮らしがさすがに無理になって、
自分達だけの生活はできなくなっていくけれど、
その限界まで、自分達だけの力で生ききるという姿は本当に素晴らしかったし、生きる喜びに輝いていた。

おばあちゃんが痴呆になってしまって 山に向かっておじいちゃんを呼び続ける姿は辛かったけど、
でもだからといって不幸には見えなかった。

私はしばらく涙が止まりませんでした。sc07

コメント

コメントの投稿


管理人にだけ読んでもらう

トラックバックURL

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。