Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有川 浩「図書館内乱」

やっぱりおもしろいなぁ ★★★☆

"------- あらすじ 出版社より --------------------
相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。 迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!? どう打って出る行政戦隊図書レンジャー! いろんな意味でやきもき度絶好調の『図書館戦争』シリーズ第2弾、ここに推参!――図書館の明日はどっちだ!?

図書館内乱図書館内乱
(2006/09/11)
有川 浩

商品詳細を見る
"---------------------------------------------

前作では主人公の”郁”のヤンチャぶりに今一つ感情移入しきれないものがあったけれども、
今作では無理なく郁に好感もてました。顔

良化委員会との戦いになると やっぱりありえねーとか思ってしまうけれども、
全体的に見るとやはり その有り得なさや子供っぽさを含めてこの「図書館戦争」のおもしろさなんですよね。

この人 心理描写が素晴らしく上手いと思うんですよ。
こればかりは子供騙しな感じが全くしない。

そうそう そうなのよ。
読みながら 何度同意したことか。

悪気のない善意の押し付けとか、
反論したくても全く身動きできなくなるほど場の雰囲気を作る集団の圧力。 ソ猝ヨ

どうやってそういう状況を乗り切るか、
これは(特に女性なら)普段の生活で誰しもが経験する悩みどころだったりするわけで。
そのあたりの描写が非常に興味深かったです。

そんな話ばっかりだとつい暗くなりそうなところを、
郁のズッコケぶりとかが上手いこと緩和してくれる 絶妙なバランス加減。

やっぱりおもしろい。はーと
このシリーズには多くのファンがいることをあらためて納得したブランなのでした。

コメント

コメントの投稿


管理人にだけ読んでもらう

トラックバックURL

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。