Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

04月≪ 05月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮部 みゆき「名もなき毒」

やっぱりおもしろい ★★★☆

"------- あらすじ 出版社より --------------------
どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高生だった。
名もなき毒名もなき毒
(2006/08)
宮部 みゆき

商品詳細を見る
"---------------------------------------------


何年か前 宮部みゆきにはまった時がありました。
読むもの読むものおもしろくて この人は天才だ!と思ったりしたけれど、「理由」以降はしばらく読んでいませんでした。
だけど、こうして久しぶりに読んでみるとやっぱりおもしろいですね。顔
相変わらず読みやすいし。

さて、この「名もなき毒」怖いです。
幽霊よりリアルで怖いです この手の人。

正しいとか正しくないとかでは解決できない 人間の心の毒からおこる問題は、
”信頼と愛が中和してくれる”
・・・みたいには甘くないのが現実だったりするわけで。
恐ろしいことです・・・。
触らぬ神に祟りなし とは言うけれど、
間違って触ってしまったらどうしたらよいのでしょう・・・・・・。


この主人公、やたらと人が良いです。
人が良すぎて、読んでいるこっちから見ると隙だらけだけで呆れてしまいます。
これがまた下手な小説だと読む気を失ってしまうけど、
この見え見えの危うさがまたハラハラ感を引き出して 上手いことまとめちゃっているのが宮部さんの上手いところなんでしょうね。jumee☆loud laugh1

コメント

コメントの投稿


管理人にだけ読んでもらう

トラックバックURL
「名もなき毒」宮部みゆき著、読んで見ました。「名もなき毒」宮部みゆき著、読んでみました。財閥企業の今多コンツェルンで社内報を作る編集記者であり、その会長の娘の夫と言う、主人公の「杉村三郎」の立場と、寛容で優しすぎる人格設定は悪くは無いが、それは物語をあ...

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。