Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畠中 恵「アコギなのかリッパなのか」

なるほど。  ★★☆☆

"------- あらすじ 出版社より --------------------
昔は不良だった青年事務員が、元大物代議士のもとに持ち込まれる陳情、難題、要望から、その裏にある日常の謎を解決する。センセイ方の実態もリアルな現代ミステリー。
アコギなのかリッパなのかアコギなのかリッパなのか
(2006/01/14)
畠中 恵

商品詳細を見る
"---------------------------------------------

畠中さんの小説は「しゃばけ」シリーズがとにかく大好きなんだけれど、
実はそれ以外の作品となると 正直物足りなさを感じてしまう。
「まんまこと」も途中まで読んだんだけれど、なんとなく途中でやめてしまったし。
というのも、私にとって「しゃばけ」があまりに強烈だからなんですけどね。

なら、現代ものはどうだろうということで読んでみました。

なかなか楽しかったです。
そもそもこの人の小説は、優しさが根底にある感じで、
嫌な気持ちにさせるところがなくていいですよね。

そういうところは好きだなぁ。

コメント

ありがとうございます

トラックバックありがとうございます~(^^)
こちらからも トラックバックさせていただきました。
よろしくお願いします。v-274

こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

コメントの投稿


管理人にだけ読んでもらう

トラックバックURL
佐倉聖は21歳の大学生。元大物国会議員・大堂剛の事務所で働く事務員。 元不良の負けん気と機転の利く頭脳で、センセイ方顔負けの解決を成...

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。