Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田 次郎「椿山課長の七日間」

まんまと泣かされた   ★★★★

"------- あらすじ 出版社より --------------------
働き盛りの46歳で突然死した椿山和昭は、家族に別れを告げるために、美女の肉体を借りて七日間だけ“現世”に舞い戻った!親子の絆、捧げ尽くす無償の愛、人と人との縁など、「死後の世界」を涙と笑いで描いて、朝日新聞夕刊連載中から大反響を呼んだ感動巨編、待望の文庫化。
椿山課長の七日間 (朝日文庫)椿山課長の七日間 (朝日文庫)
(2005/09/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る
"---------------------------------------------

浅田次郎の小説って、何気にあざとさが目に付いちゃったりするんですけど、
そう思いつつもまんまと泣いてしまうんですよね。

映画化されたこともあって、タイトルは知っていたんですけれど
こんなふうに、死後の世界が出てきたり黄泉帰ったりするファンタジーとは知りませんでした。

そしてこの話もまた ついつい泣いてしまうお話でした。sc07

椿山課長のお父さんとかヤクザの親分とか かっこいいですねー。

頼もしくも暖かい大人の男の人の魅力・・・
こういうのは父親の魅力っていうのかなぁ、



いくつになっても子を想う親のような優しい愛情に包まれたい。

こんな風に 強くも安心できる愛情に包み込まれていたい。

そんな気持ちが泣かせるんでしょうかね。

コメント

コメントの投稿


管理人にだけ読んでもらう

トラックバックURL

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。