Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤原 伊織「名残り火 (てのひらの闇 (2))」

もっと読みたかった。 ★★★☆

"------- あらすじ 出版社より --------------------
堀江の無二の友人・柿島が殺された。その謎に満ちた死に疑問を持った堀江は調査に乗り出す。そこには流通業界に横たわる新たな闇があった! 著者の遺作となった長篇ミステリー。『別冊文芸春秋』連載に加筆修正し単行本化。
名残り火 (てのひらの闇 (2))名残り火 (てのひらの闇 (2))
(2007/09)
藤原 伊織

商品詳細を見る

"---------------------------------------------


「てのひらの闇」に引き続き、またしてもかっこいいおじさまが登場します。
この人が書く大物のおじさま達は、文章から迫力が滲み出てきますねー。
うーん 素敵だなぁ。ローズ

そしてコンビニ業界にはこんな裏があるんですね。
コンビニを経営している知人のことがちょっと心配になってしまいました・・・。
まあ実際のところはわかりませんが。


ということで氏の遺作となる作品。

もっともっと書いてほしかった。 
かえすがえすも残念なことです。

コメント

コメントの投稿


管理人にだけ読んでもらう

トラックバックURL

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。