Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂 幸太郎「死神の精度」

「君は死ぬことについてどう思う?」  ★★☆☆

"------- あらすじ 出版社より --------------------
ある時は恋愛小説風に、ある時はロード・ノベル風に…様々なスタイルで語られる、死神の見た6つの人間模様。
死神の精度死神の精度
(2005/06/28)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
"---------------------------------------------


ある死神を中心にした短編集です。

最初の「死神の精度」が映画化されたようですが 映画HP http://www.shinigaminoseido.jp/
私の住む町では上映されないので(涙;;sc07、いずれDVDで見たいと思います。
金城武が原作のイメージにぴったりなんだもの。


いいなぁこの話 何となく。

ちょっとズレているけれど、言うことが何気にツボを得ているんですよね この死神。

別に優しいわけでもなく、人好きなわけでもなく
つまらないことに振り回されたり悩んだりしない分、人間よりも本質を見抜いているかのような死神。

短編集なこともあって どの話ももうちょい読みたい余韻を残して終わってしまうんだけど、
最後、死神と老婆との会話で老婆が語る

「眩しいのと、うれしいのと、似てるかも」

という何気ない言葉と情景が これまた何となく心に残るいい話でした。顔

コメント

コメントの投稿


管理人にだけ読んでもらう

トラックバックURL

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。