Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

03月≪ 04月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

築山 節「脳が冴える15の習慣」

一度は読んでみるべし    ★★★★

"------- あらすじ 出版社より --------------------
最近、何となく頭がぼんやりしている―。記憶力や集中力、思考力が衰えたように感じている。そんな「冴えない脳」を治すために必要なのは、たまに行う脳トレーニングではなく、生活の改善である。『フリーズする脳』で現代人の脳に警鐘を鳴らした著者が、すぐにでも実行できて、有効性が高い15の習慣を提案。仕事ができる脳、若々しい脳を取り戻すためのポイントを分かりやすく示す。
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
(2006/11)
築山 節

商品詳細を見る
---------------------------------------------


この本を身近においておいて、定期的に自分のことをチェックしてみるといいでしょうね。
図書館で借りて読んだので、後で買っておこうと思います。

私にとって特にためになったのは、
『脳を活性化させる朝の過ごし方。足・手・口をよく動かそう』 と
『夜は情報を蓄える時間。睡眠中の「整理力」を利用しよう』 に書かれていたこと。

やっぱり朝は重要なんだなぁ。

あと、なるほどーと納得だったのが「脳の基本回転数を上げるには、時間の制約が必要」というところにあった習慣のポイントとなる3点。

  ・集中力や頭の回転の速さは、それ自体を「上げよう」と思っても上げられない
  ・意志的にできるのは、時間と距離(仕事の量)の関係をはっきり認識すること
  ・時間の制約をなくすと、「何がより重要か」の判断しにくくなる


私の職場で久しぶりに解雇されることになった人がいるんですが、
その人の解雇の理由は、仕事の工期を守れずに客が激怒するという失態を 何度となく重ねてしまったからなんですよね。

彼自身は別に仕事をサボっているわけでもなく、
残業も休日出勤もして、真面目に仕事をしているわけなので、
会社としてもなんとか今まで大目に見てきた感じだったのだけれど、
あまりに改善されないので、終に解雇となってしまったのです。ムム…

10年以上仕事をしていて、
同じ課の人の中で、彼だけがそういう事態を引き起こしているとなると、終に言い訳もできなくなるわけです。
知識や能力がない訳じゃないのに、ルーズなんだという一言で済ませるのも安易だし、
何故なんだろうなぁと誰しも不思議に思っていたんですけど、
そんな彼に読んでほしいようなことも 真面目な人が陥りがちな悪循環 ということで具体的に書かれていました。


最近忘れっぽくなってないか?
自分で自分を追い詰めていないか?

大丈夫か 今の自分?
今の自分を見直すためにも おすすめの一書です!jumee☆biceps1

コメント

コメントの投稿


管理人にだけ読んでもらう

トラックバックURL

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。