Blanc Casse

本のこと 映画のこと そして色々なこと

08月≪ 09月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リチャード モーガン「ブロークン・エンジェル 上・下巻 」

やっぱりおもしろい。 ★★★☆


"------- あらすじ 出版社より -------------------------
ブロークン・エンジェル 上・下巻 2冊セットブロークン・エンジェル 上・下巻 2冊セット
(2007/03)
リチャード モーガン

商品詳細を見る

舞台は27世紀、不毛な戦争が続くサンクション星系第4惑星。莫大な利権が絡む古代火星人遺跡探検の誘いにのったタケシ・コヴァッチは、資金調達のため商社を引きずり込み、スタック市場で戦闘要員を調達、張り巡らされた罠の只中へと出発した。地獄に堕ちた天使たちに、最後の戦いが待っていた。フューチャー・ノワールの旗手が、圧倒的なパワーとスピードで描き切った、ハードボイルド冒険小説の傑作。
"---------------------------------------------



ちょっと前に読んだ「オルタード・カーボン」 の続編


タケシ・コヴァッチ登場で、
それだけでワクワクドキドキのおもしろいハードボイルドです。



それにしても
意識というか、心が取り出せる未来って
いつかは来るんでしょうか。

うーん。
まずはそこが一番難しそう。


ただ
ゲームの進化を見ていると、
リアルと区別がつかないほどの五感で楽しめるバーチャルの時代は
そう遠からず来るでしょうね。


たとえばオルタード・カーボンに出てくるような超リアルなバーチャルの世界に
アバターとかマトリックスの世界みたいに、入っていく。

バーチャル「高慢と偏見」の世界に五感を伴って入り込んで、
自分がエリザベスになっってダーシー相手にドッキドキしてみたり、
「花より男子」の世界に入り込んで
自分が牧野になって、道明寺より類のが良いんですけど?とか揺れてみたりとか
そんなことが出来るようになったらどうしよう。

そんなことになったら私は戻れるの?

現実を捨て、バーチャルに酔い、
飲まず食わずで死んじゃうかもだ。
 

前ページ← HOME →次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。